父と手術助手の看護師を見送った日のこと (英語)

医師免許取得のためトリリンガルになった父 (英語) 医師の一日 (英語) 日系二世の医師が受けた差別 (英語) 父と手術助手の看護師を見送った日のこと (英語) 父の裁判を知る (英語) 患者の方言を話すことで患者の緊張を解していた父 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 戦前のある日、父が手術助手の看護師と一緒にサンノゼに行くのを見送るために、私はロサンゼルスのユニオン・ステーション駅へ行きました。父は、サンノゼまで夜行列車に乗ることになっていたのです。看護師の女性は、手持ちで運ばなければならない手術道具の運搬を任されていました。そして数年前、彼女が亡くなる前に、彼女は私に当時のことを話してくれました。その話によると、彼女に連れられてユニオン・ステーションに行った私は、「どうしてお父さんと一緒にどこかに行っちゃうの?」と困惑して言ったそうです。(笑)

日付: 2009年9月21日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: トム・イケダ、マルサ・ナカガワ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

doctors japanese hospital medicine nurses

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団