小児患者がプロのバレーボール選手に(英語)

海外のVIP患者を担当(英語) 心臓外科手術の技術革新(英語) 子供の外科手術に対する達成感(英語) 小児患者がプロのバレーボール選手に(英語) ハワイで医学プログラムをはじめて(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私が誇りに思う、もう1人の小児科患者の男の子は、ファロー四徴症を患っていました。これも非常に珍しい疾患です。実は、この時の手術が、ジョンズ・ホプキンス病院で行われた青色児(先天的心臓疾患または肺臓欠陥による)への最初の手術で、小児心臓外科手術でした。彼は、確か3歳でこの手術を受け、後に世界でトップクラスのバレーボール選手になりました。ハワイの高校、そしてUCLAでも一流選手として活躍し、現在プロ選手として活躍しています。

日付: 2006年5月30日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アケミ・キクムラ・ヤノ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

doctors medicine surgeries

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団