ニッケイを見いだす:詩のコラム

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

culture en ja

思慕 

今月は、松本登美子さんと松本ゲンノスケ(号:緑葉)の日本語の短歌をお楽しみください。千葉県出身の二人は、千葉で知り合い、結婚。その後、シアトルへ移り住みますますが、第二次大戦中はワイオミング州のハートマウンテン強制収容所へ収容されました。ここでは、二人の詠んだ哀歌を取り上げます。

— トレイシー・カトウ=キリヤマ

* * * * *

松本登美子氏は、1900年8月30日、千葉県中野(現・君津市)生まれ。1920年代前半にシアトルに移住する。1943年から45年、ワイオミング州ハートマウンテンの強制収容所に家族と共に勾留され ...

続きを読む

culture en ja

短型詩 – 俳句と川柳

今月は、日系人社会、そしてリトルトーキョーで愛されているクリエイティブなコミュニティメンバーのお二人を特集し、短型詩を楽しみたいと思います。サニー関(柳名:関三脚)さんは、これまで川柳(俳句と似ているが、四季や自然より人事に重きを置く短型詩)を教え、日系人庭師の100年にわたる物語が描かれた素晴らしい川柳コレクションの編集に携わってきました。フラン・イトウさんは、ここでは俳句のご紹介はわずかですが(英語のみ)、ビジュアル・コミュニケーション(アジア・太平洋諸島系アメリカ人映像作家を支援する非営利団体)のデジタル・ヒストリー・プログラムで熱心に活動するシニア映像作家です。お楽しみください ...

続きを読む

culture en

In this moment

While we typically link a theme together from the poems we receive from two or more writers, this month we're featuring two voices whose pieces are situated very personally within their own moments, within their own season. Seattle-based Sansei Carolee Okamoto just began writing in 2017 as a way to process her family history and shares with us a poem linked to the annual Day Of Remembrance commemorating the signing of Executive Order 9066. And at the top here, along with their beautiful artwork, we feature some stream-of-consciousness prose by Rino Kodama. I offered Rino a few prompts (“what ...

続きを読む

culture en

Seize—transformation & renewal

Leaving the end of a long 2020 while entering 2021 with a combination of uncertainty, excitement, determined joy, and perpetual angst, I thought it fitting to have this month’s theme derive its inspiration from the writer and the title of his latest book of poetry, Seize. This month’s feature, Brian Komei Dempster—a Sansei author and educator based in the Bay Area of California—graciously provided us with a handful of beautiful pieces from Seize, based upon my request to think on the ideas of “transformation” and “renewal.” The two we are able to present here are striking ...

続きを読む

culture en

Wonder

To close out 2020 and recognize it as a time of challenge, reckoning and coming together, we are excited to end on a strong and beautiful note with this month's feature. We are happy to host the return to Nikkei Uncovered by Mariko Fujimoto Rooks and, this time, feature Mariko alongside her father, Dr. Curtiss Takada Rooks (while it's his first time in this poetry column, he is certainly no stranger to Discover Nikkei). You'll want to check out essays from both of them on the Discover Nikkei site, but first - heed their collaborative piece, this intergenerational ...

続きを読む

このシリーズの筆者一覧