ニッケイを見いだす:詩のコラム

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

culture en ja

思慕 

今月は、松本登美子さんと松本ゲンノスケ(号:緑葉)の日本語の短歌をお楽しみください。千葉県出身の二人は、千葉で知り合い、結婚。その後、シアトルへ移り住みますますが、第二次大戦中はワイオミング州のハートマウンテン強制収容所へ収容されました。ここでは、二人の詠んだ哀歌を取り上げます。

— トレイシー・カトウ=キリヤマ

* * * * *

松本登美子氏は、1900年8月30日、千葉県中野(現・君津市)生まれ。1920年代前半にシアトルに移住する。1943年から45年、ワイオミング州ハートマウンテンの強制収容所に家族と共に勾留され ...

続きを読む

culture en ja

短型詩 – 俳句と川柳

今月は、日系人社会、そしてリトルトーキョーで愛されているクリエイティブなコミュニティメンバーのお二人を特集し、短型詩を楽しみたいと思います。サニー関(柳名:関三脚)さんは、これまで川柳(俳句と似ているが、四季や自然より人事に重きを置く短型詩)を教え、日系人庭師の100年にわたる物語が描かれた素晴らしい川柳コレクションの編集に携わってきました。フラン・イトウさんは、ここでは俳句のご紹介はわずかですが(英語のみ)、ビジュアル・コミュニケーション(アジア・太平洋諸島系アメリカ人映像作家を支援する非営利団体)のデジタル・ヒストリー・プログラムで熱心に活動するシニア映像作家です。お楽しみください ...

続きを読む

culture en

Holding

This month’s column features two friends I made when I participated in a movement response workshop in Chicago last summer, led by Chisao Hata, featuring our physical reaction to poetics expressed by actor & poet Ken Yoshikawa. With the emphasis on an intergenerational lens through which we shared, I looked forward to being able to featuring both of them someday here. The two hail from Portland, Oregon and continue to work together amongst their own creative projects aplenty. They hold space here, through their words that weave lineage with a search through the mundane for linkage with fathers, ancestry, and ...

続きを読む

culture en

Negotiating Place

Here we have a first for the Nikkei Uncovered poetry column - a collaborative piece between two wondrous young Nikkei, both University of California, Los Angeles (UCLA) students and “Shin-Nisei,” 1.5 generation artists. They write this from the place of anticipating their Pilgrimage together to Manzanar this month, alongside their cohort of the Vigilant Love Solidarity Arts Fellowship, which brings together college age Nikkei and Muslim activist/artists. Rino and Sophia, featured here, wrote together with such generosity that comes through in their piece of contemplation and insight. Enjoy.

—traci kato-kiriyama

* * * * *

Rino Kodama is a 3rd-year student majoring in Art ...

続きを読む

culture en

Roots and Branches

Happy spring everyone! This month, we’re excited to feature two poets who both happen to be based in Japan. Micah Tasaka, a queer, genderfluid, mixed race Yonsei artist originally from the Inland Empire now based in Fukui prefecture; and Yoshika Wason, a second generation, mixed race artist who hails from Aomori, Japan via Massachusetts and Connecticut. Their pieces here harken back and forth from past circumstance to present choice, in reflection of the way our memories, our native tongues, our very existence, was and continues to be shaped. Enjoy.

—traci kato-kiriyama

* * * * *

Yoshika Wason is a teacher, poet, and storyteller ...

続きを読む

このシリーズの筆者一覧