ニッケイを見いだす:詩のコラム

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

culture en ja

思慕 

今月は、松本登美子さんと松本ゲンノスケ(号:緑葉)の日本語の短歌をお楽しみください。千葉県出身の二人は、千葉で知り合い、結婚。その後、シアトルへ移り住みますますが、第二次大戦中はワイオミング州のハートマウンテン強制収容所へ収容されました。ここでは、二人の詠んだ哀歌を取り上げます。

— トレイシー・カトウ=キリヤマ

* * * * *

松本登美子氏は、1900年8月30日、千葉県中野(現・君津市)生まれ。1920年代前半にシアトルに移住する。1943年から45年、ワイオミング州ハートマウンテンの強制収容所に家族と共に勾留され ...

続きを読む

culture en ja

短型詩 – 俳句と川柳

今月は、日系人社会、そしてリトルトーキョーで愛されているクリエイティブなコミュニティメンバーのお二人を特集し、短型詩を楽しみたいと思います。サニー関(柳名:関三脚)さんは、これまで川柳(俳句と似ているが、四季や自然より人事に重きを置く短型詩)を教え、日系人庭師の100年にわたる物語が描かれた素晴らしい川柳コレクションの編集に携わってきました。フラン・イトウさんは、ここでは俳句のご紹介はわずかですが(英語のみ)、ビジュアル・コミュニケーション(アジア・太平洋諸島系アメリカ人映像作家を支援する非営利団体)のデジタル・ヒストリー・プログラムで熱心に活動するシニア映像作家です。お楽しみください ...

続きを読む

culture en

Presence

This month, I sought out poems from Los Angeles-based Nancy Uyemura and Amy Honjiyo. I'd been asking Nancy for quite some time now to send me some writing ever since I learned she writes from time to time in the background of her beautiful art making career. Then, I saw both of them onstage for one of the +LAB Artist-in-Residence culminations at the Aratani Theatre in Little Tokyo (supporting my fellow cohorts Marina Fukushima and Isak Immanuel) and was caught in a sort of awe in seeing these two wonderful beings up there, so present in a performance moment ...

続きを読む

culture en

Body

How do memories, observations and spirits transfer through our bodies and onto the page? How does a poem reveal where we hold the gift and burden of memory in our body?

Happy August everyone...I’m excited to bring two beautiful young voices into the “Nikkei Uncovered...” fold. This month, we have Yonsei teen, Greer Nakadegawa-Lee hailing from Oakland, and Gosei Lauren Ito, based in San Francisco via Seattle. On the surface, their poems may be read as text tied to identity and family history, but I read these as body poems - there is a kind of tactile, somatic exploration ...

続きを読む

culture en

Theme: (open)

This month I wanted to leave the theme open and invite two young voices who are both incredibly active in community building work here in Los Angeles. Kahlil Kochiyama is a UCSB (University of California, Santa Barbara) student from the South Bay - his piece places us in his relationship with a simple tool of constant use in both nourishment and reflection on roots and culture. Mya Worrell hails from USC (University of Southern Califonia) via Sacramento county - their work here is a fan poem of the popular musician Mitski and an eye into critical, meaningful fandom and the art/artists ...

続きを読む

このシリーズの筆者一覧