ニッケイ物語 #10—ニッケイの世代:家族と コミュニティのつながり

「ニッケイ物語」シリーズ第10弾「ニッケイの世代:家族とコミュニティのつながり」では、世界中のニッケイ社会における世代間の関係に目を向け、特にニッケイの若い世代が自らのルーツや年配の世代とどのように結びついているのか(あるいは結びついていないのか)という点に焦点を当てます。

ディスカバー・ニッケイでは、2021年5月から9月末までストーリーを募集し、11月8日をもってお気に入り作品の投票を締め切りました。全31作品(日本語:2、英語:21、スペイン語:3、ポルトガル語:7)が、オーストラリア、カナダ、日本、ニュージーランド、ブラジル、米国、ペルーより寄せられました。多言語での投稿作品もありました。

このシリーズでは、編集委員とニマ会の方々に、それぞれお気に入り作品の選考と投票をお願いしました。下記がお気に入りに選ばれた作品です。(*お気に入りに選ばれた作品は、現在翻訳中です。)

編集委員によるお気に入り作品

ニマ会によるお気に入り作品:  

当プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください >>

* このシリーズは、下記の団体の協力をもって行われています。 

        ASEBEX

   

 

その他のニッケイ物語シリーズ >>

media en

Kiyoko Sugimoto and Sakura Yoshida Explore Mixed-Race Identity in New Podcast

VANCOUVER — Kiyoko Sugimoto and Sakura Yoshida take a deep dive into what it means to be a mixed-race Japanese Canadian millennial in their podcast, The Hafu It. In the weekly, independently-produced, and unscripted podcast, the two women explore topics that range from the Japanese Canadian experience to current affairs and pop culture through humour and personal anecdotes.

The podcast, which launched in December, recently wrapped up its first season at the end of May. The season ended with a four-episode collaboration with the Vancouver Japanese Language School and Japanese Hall (VJLS-JH) and the explorASIAN Festival for Asian Heritage …

続きを読む

community en

Keiro Superstar: Yosh Arima

At 91 years old, Yosh Arima has lived a full life of teaching, traveling, playing sports, and surrounding himself with people he enjoys.

After being incarcerated at Santa Anita horse stables—with transfers to Rohwer and then Tule Lake with his family during World War II—Yosh moved to California, then New Jersey, and back to California. He jumped around to different high schools during that time, but eventually graduated from Belmont High School in Los Angeles. He went to LA City College and Cal State LA then transferred to UCLA where he completed his bachelor’s degree. He later got his master’s …

続きを読む

identity en

Oh, Bachan, How Your Garden Grows

The longer my father and I navigate the Inglewood Cemetery, the more comical it becomes.

“Turn here, no turn there, oh there it is!” No matter how many times we visit, that same frazzled exchange is always held. But, when we finally get to the top of the hill, the view makes our antics worthwhile.

It’s almost ironic to see the world from this height, buzzing with wondrous life while the departed rest peacefully above. At this altitude, it is only the horizon that blurs city life with the afterlife.

And in this very cemetery is where my family finally …

続きを読む

community en ja es pt

悲しむべき友情の終わり

この物語の主人公は、「SS香港丸」で共にペルーに到着した九州の佐賀県出身の4人組です。同じ地域で生まれたということもあり、長旅の中、4人の間にとても素晴らしい友情が芽生えました。それは、友情以上の「兄弟愛」になりました。

4人は、リマから南140キロに位置するカニェテ地方にあるブリティッシュ・シューガー社のサンタバルバラとカサブランカ・サトウキビ農場で5年間働きました。

契約終了後、うち二人はカニェテ地方からさらに南90キロのピスコに転住しました。仮名で呼ばせてもらいますが、一人はタモツさん、もう一人はツネスケさんにします。タモツさんは、町中心部にある市場の近くにレストランを開店しました。とても流行りの店となり、ペル…

続きを読む

community ja

ブラジル二世第1号の人

珍しく早起きしてソファで血圧を計っていると電話が鳴った。早朝に電話がなるのはお葬式の知らせと決まっているので、恐る恐る受話器を取る。

「オレオレ、まだ寝てた?」

アチバイアに住むさくら丸同船者の三木路生(みちお)さんだった。

「聞いて驚くな!」

人をビックリさせるあの独特の抑揚。同船者で病気の人って誰だっけ?それとも元気な人が事故か何かで?早く教えて!

向こうもじれったいのか「聞いて驚くなかれ!昨日、珍しい人に会ったよ」と切り出した。

アー、誰も死ななくて良かったと安堵する。

三木さんは続けて、「第1回移民船笠戸丸移民の二世第1号の人だよ」と自慢げな声だ。なんだかんだと説明があって、「君にこの事を新聞に…

続きを読む

タグ

basketball Belmont High School Brazil Canada Casa Blanca Cañete coach docent family Family golf haciendas identity JANM Japan Kasato-maru Keiro Kiyoko Sugimoto Mary Karatsu mixed mixed-race NikkeiChronicles NikkeiGenerations Nisei Peru