次の世代へ:30歳未満のニッケイヒーロー

このシリーズでは、世界各地で暮らしている30歳未満の若い世代の日系人から話を聞きました。ニッケイ・コミュニティの将来をより発展させるために活動する若者たち、また斬新でクリエイティブな活動を通じてニッケイの歴史や文化、アイデンティティを共有し、探求している若者たちです。

ロゴデザイン: アリソン・スキルブレッド

identity en

Documentary Photographer and Journalist Kayla Isomura Explores Nikkei Culture and Identity

Kayla Isomura may be best known for her work on The Suitcase Project (2018), a multimedia exhibition which explored themes of home, sudden dislocation, and discrimination experienced by fourth- and fifth-generation Japanese Canadians and Americans. As a fourth-generation Japanese and Chinese Canadian storyteller, artist, documentary photographer, and journalist, Isomura (them/they) has delved into creative projects and community work to explore Nikkei culture and identity.

The Suitcase Project

To create this project, Isomura asked fourth- and fifth-generation Japanese Canadians and Japanese Americans what they would pack if they were uprooted from their homes at a moment’s notice. Isomura then photographed …

続きを読む

community en

Emily Teraoka: Inspiring Conversations through public service at Minidoka National Historic Site

Emily Teraoka grew up around both the Japanese and Mexican cultures that are part of her heritage, but they were sprinkled into a mix of quintessentially American things—country music, pickup trucks, weekend sports, and big Halloween parties around her family’s home in Fresno, California. It wasn’t until college that she began exploring her yonsei Nikkei identity. Today, she is Lead Park Ranger for Minidoka National Historic Site, where she has the opportunity to build relationships and inspire conversations about the legacy of the WWII incarceration camps.

Discover Nikkei reached out to Emily as part of the monthly Inspire Forward series, …

続きを読む

community en

“A Deep Collective Feeling”: Emily Akpan, Black-Nikkei Activist Hero

Emily Akpan is a Black-Nikkei activist living in Brooklyn, New York. She has been active in many social justice struggles, including Tsuru for Solidarity and New York Day of Remembrance. In March 2022, she was kind enough to take time to answer some questions for Discover Nikkei’s Inspire Forward: Nikkei Heroes Under 30 series. Her story is inspiring and provides insights and help for aspiring activists.

* * * * *

Tamiko Nimura (TN): Congratulations on being selected as a “Nikkei hero”! How do you feel about being selected?

Emily Akpan (EA): Thank you so much! I feel very grateful …

続きを読む

community en ja es pt

ニコール・ヒガ・コバシガワ:筋金入りのボランティア魂

もし「ボランティア活動」という職業があるならば、ニコール・ヒガ・コバシガワ氏は間違いなくこの職業を選んでいたに違いない。彼女はリマのラ・ウニオン学校に在学していた頃から、算数から体育(サーカスのワークショップでは、竹馬と軽業も学んだ)まですべての科目で成績が「優」だった。かと言って特に興味のある科目はなかったと言う。小学校6年生の頃、リーダシッププログラムに参加し、そこでチームワークやソフトスキル(主にコミュニケーション力)を学んだ。

高校生になっても毎週土曜日このプログラムに参加し、卒業後も2年間継続した。その熱心さが評価されて、夏休みにアエル・クラブ(日系団体AELU)の7歳児童向けのプログラムを手伝うことになった…

続きを読む

community en ja es pt

グラジエラ・タマナハ ~ブラジル日系コミュニティの若手リーダー~ ーその2

その1を読む >>

文協の日本文化祭り

「2019年には『文化祭り」のコミュニケーションチームの一員として、『名探偵ピカチュウ』という映画の宣伝をしました。今までこれほど大きなインパクトのあるチームに参加したことがなかったので、私にとって大きな挑戦でした」と、グラジエラは語る。

長年同じやり方で引き継がれてきた「文化祭り」は、2018年に日本のポップカルチャーを取り入れることになった。グラジエラはこのような変化を取り入れることに不安を覚えたという。

「時が流れ、過去10年間継承してきたこのイベントは、新しい要素を入れることになりました。例えば、『芸能祭』は伝統的な踊りを披露するイベントとして残しましたが、その…

続きを読む

タグ

activist Art biracial Black-Nikkei Canada DOR Emily Akpan Emily Teraoka Identity Japanese Chinese Canadians Kayla Isomura Minidoka National Historic Site mixed New York Nicole Higa Kobashigawa Peru photographer Psychologist The Suitcase Project Tsuru for Solidarity volunteer Yume. Digital Dreams