ミア・ナカジ・モニエ

(Mia Nakaji Monnier)

ロサンゼルスを拠点に活動するライター、編集者。カリフォルニアで日本人の母とアメリカ人の父のもとに生まれる。京都、バーモント州の小さな町、テキサス州の郊外など、11の異なる都市や町に住んだ経験がある。ミア・ナカジ・モニエへの問い合わせ、本人執筆による記事の閲覧はこちらから:mianakajimonnier.com

(2015年7月 更新) 

identity en ja es pt

アジア系、NOTハパ

私の母は、大阪出身の日本人で、父は、オレゴン州西部の小さな町の出身です。私のような人を称する、最近特に西海岸で使用されている、おそらく最も有名なのはアーティストのキップ・フルベックにより認知されるようになった言葉があります。

「ハパ」です。

ハワイの言葉、「ハパ・ハオレ(白人とのハーフ)」に由来するこの「ハパ」という呼称は、アジア人を祖先に持つ多民族の人々のアイデンティティとして、誇りや曖昧さを含んで使われています。

でも、私は使いません。

「ハパ」が嫌な言葉だとは思いませんが、私の両親は、私たち兄弟を育てる中で ...

続きを読む

identity en

Ben Furuta, the Air Force Academy’s First Cadet of Color

「私は人と違うことを気にしていたが、気にしていたのは外見の違いだけだった」 

—ベン・フルタ

第二次世界大戦中、ベン・フルタさんの家族がカリフォルニア州オークランドから強制退去させられ、ポストンの収容所に拘留された時、フルタさんはまだ4歳でした。「断片的な記憶しかありません。ちょっとした出来事のね」とフルタさんは語ります。その記憶には、両腕に包帯を巻いた父の姿がありました。強制収容所の偽装網工場での作業中、化学薬品で火傷を負ったのです。小さな子どもたちを”震え上がらせた”、テントの屋根にはガラガラ蛇がいるという、年上のティーネージャーや若い男の人たちに聞かされた話も覚えています。

フルタ家は強制収容所に1年間収容され、無期限で釈放された後、ミネアポリスに移住しました。フルタさんのお父さんと叔父さんは、中華レストランに販売するもやしの生産を始めました ...

続きを読む

identity en

Full Disclosure: How My Ambiguous Looks Mean I’m Constantly Coming Out as Biracial

Some years ago, an old friend stopped in L.A. for her summer job, driving across the country in a classic car to promote a vacation rental company. I went out to meet her and her driving partner near their rental in Hollywood, and in an act of company-paid luxury unthinkable to fresh-from-college me, we took a cab to The Stinking Rose for dinner. We settled around our booth table in a dark corner of the restaurant for a meal of garlic dishes, and Liz and John began telling stories about their trip.

Liz and I had met in Texas ...

続きを読む

war en

A Conversation with Nancy Oda, President of the Tuna Canyon Detention Station Coalition

Nancy Oda was very happily retired when she learned about Tuna Canyon.

“Very happily retired,” she says for a second time. “It was like a call to action.”

We’re sitting together in the small back room of the Hirasaki National Resource Center at the Japanese American National Museum, just past Only the Oaks Remain: The Story of Tuna Canyon Detention Station, the special display that Oda helped to develop. Four years ago, she may not have heard of the historic site, but it’s since become a central part of her life.

“I’m really happy when I go ...

続きを読む

identity en

Sewing Lessons

My mom and I discovered the Japanese fabric store together two years ago. Under a blue awning, in a part of town we rarely went, these Japanese-print clothes hung in the window, and we both stopped to admire them. The store gave lessons, so we signed up, and for some Saturdays in a row, we sat across from each other at sewing machines, making our own clothes.

It’s hard to untangle all these parts of a simple story about sewing together, mother and daughter. First, there’s the part about making things by hand, like she taught me to ...

続きを読む