川井 龍介

(かわい・りゅうすけ)

ジャーナリスト。慶應大学法学部卒。毎日新聞記者などを経て独立、ノンフィクションを中心に執筆。「大和コロニー『フロリダに日本を残した男たち』」(旬報社)、「『十九の春』を探して」、「122対0の青春」(共に講談社)など著書多数。「No-No Boy」の新たな翻訳を手掛ける。

(2016年1月 更新)

business ja

シアトル・宇和島屋物語 ~ The Uwajimaya Story

第3回 さまざまな日系のスーパー

シアトルを中心に店舗を構えるUwajimaya(宇和島屋)は、北西太平洋岸ではもっとも大きな、日本食をはじめとしたアジア系の食料品を扱うチェーン店である。現在シアトル市内のほか、シアトル郊外のベルビュー(Bellevue)、同じくレントン(Renton)、そして隣のオレゴン州ポートランド郊外のビーバートン(Beaverton)にも店舗を広げている。

同じように日系のスーパーでチェーン展開している企業はほかにもいくつかある。どれもカリフォルニアを拠点としていて、食料品から生活関連商品まで幅広く扱い、外食にも積極的に乗り出しているところもある。その概要を見てみよう。

日本の企業がはじめる

カリフォルニア州トーランス(Torrance)が本部のMitsuwa Marketplace(ミツワ・マーケットプレイス ...

続きを読む

business ja

シアトル・宇和島屋物語 ~ The Uwajimaya Story

第2回 “日本”が味わえる

シアトルで暮らす日本人、日系人なら「Uwajimaya(宇和島屋)」の名前を知らない人はいない。日系でなくても、さまざまな人種が生活するシアトルのアメリカ人でも、その知名度は高い。

1970年代からアメリカでは、ヘルシーブームで豆腐(トーフ)が好まれ、同時に寿司をはじめ日本食に対する関心は徐々に高まっていった。これに伴いお米やしょうゆなど基本的なものは多くのスーパーで扱われている。

しかし、まだまだ品ぞろえとなると日本の食品を軸にしている店に行くしかない。シアトルでは、ダウンタウンから少し離れたところにMaruta Shoten(マルタ商店)といった日本の食品・食材を扱う店や、日本だけでなくアジア系の食材をそろえた店はいくつもある。

そのなかで、インターナショナル ...

続きを読む

business ja

シアトル・宇和島屋物語 ~ The Uwajimaya Story

第1回 日本人のオアシスとして 

「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きにゆく」

石川啄木の有名なこの歌は、1908年東京へ出てきた啄木が、懐かしいふるさとの言葉を聴きに、東北から人びとが集まってくる上野駅へ足を運んだという、寂しい気持ちをあらわしている。

これをもじって、1980年代のニューヨークでは、在留日本人のなかで「ふるさとの 訛り懐かし エンパイアステートビル」とよく言われていたとかつてきいたことがある。当時のニューヨーク観光のシンボルでもあるエンパイアステートビルは、それほど多くの日本人観光客でにぎわっていたということだが、同時に日本語が恋しくなったらそこに行けばいいという意味もあったようだ。

日本国内ですら遠く離れれば、故郷への思いは募る。まして異国の地で暮らすとなれば、日本語は懐かしく響くだろう。すくなくともインターネットが普及するまでは ...

続きを読む

culture ja

日系アメリカ文学を読む

第18回 (最終回)『僕はアメリカ人のはずだった』

1952年生まれの日系アメリカ人3世の詩人、デイヴィッド・ムラは、自分がいったいなにものなのかという問いをずっと抱えてきた。自分を百パーセントアメリカ人と考えたことはなかった。

新宮(和歌山県)をルーツにする祖父母と高知をルーツにするもう一組の祖父母を持ち、父方の祖父は、日露戦争の徴兵を忌避してアメリカにやってきた。2世の父は、アメリカ人として育ち、戦時中は収容所に入れられるが、戦後はアメリカ社会のなかで成功する。その過程で、もともとはカツジ・ウエムラだった名前を、トム・ムラに変えた。完全なアメリカ人となるためでもある。

イリノイ州のユダヤ人が多いまちで育ち、大学卒業後はミネアポリスで暮らしてきたデイビッド・ムラにとって、幼いころから日系との関わりはほとんどなく、日本とのつながりもあえて拒否してきた ...

続きを読む

culture ja

日系アメリカ文学を読む

第17回 『ジャパン・ボーイ』

日系アメリカ人の中で、「帰米」(きべい)と呼ばれる人たちがいる。出生地はアメリカなのだが、幼少期に日本で教育を受けて、ふたたびアメリカにもどってきた人たちのことだ。日本に一度戻ってからまたアメリカ(米国)に帰ってくるから帰米というのだろう。帰米が人間そのものを指す場合のほか、形容詞的に帰米二世というように使われる場合もある。

日本から移住した一世の男たちは、たいてい日本人の女性と結婚しやがて子供をもうける。多くの一世は、アメリカでの仕事を「出稼ぎ」的な感覚でとらえているので、成功して、ある程度財を成したら日本に帰国することを考えていた。日本人であることの意識は強く、誇りを持っていた。

だから、子供たちにはできれば日本語を身につけさせ、日本人としての精神を修養するため日本で教育を受けさせたいと思う一世は多かった ...

続きを読む