ひとつの言葉で考え、別の言葉で生活(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)祖父はいつも日本語で考えて、そのことをスペイン語で話しながら生活をしていたと思うのです。これが外国人の特徴でもあります。一つの言語で考えてもう一つの言語で行動し、生活するのです。祖父はその二つのことをかなりうまく両立していたようです。物静かで、とても温かい人だったと思います。実際の日本人がどうなのかは私には良く分かりませんが、その温かさはもしかするとアルゼンチン人的な部分だったのかも知れません。どのように表現していいのか良く分かりませんが、おじいちゃんが孫にウィンクをしているような感じでしょうか。もっと距離を置いても良かったのかも知れませんが、そんなことをせずもっと近い存在でした。大人になってからも祖父とはいろいろなお話をしたかったなと今でも思いますが、残念ながら私が幼い頃に亡くなってしまいました。その時からかなりの時間が過ぎていますが、私は日本語を勉強し始めました。少しでも二人で日本語で話してみたかったと思い描くのです。そうしたかったと思うのですが、実現できませんでした。

日付: 2006年7月12日
場所: アルゼンチン、ブエノスアイレス
Interviewer: タケシ・ニシムラ、リカルド・ホカマ
Contributed by: アルゼンチン日系センター

identity language multi racial

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団