祖父を理解するために日本語を勉強 (スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)自分に対して思うのですが、日本語を勉強しはじめたことはやはりもっと祖父のことを知りたい、理解したいというのが一つの動機だと思いますが、いろいろなことが交錯するのです。(大学では)言語学も勉強しており、やはり母語というのは自分の考え方やすべてのことに大きく、ほぼ決定的に影響すると思うのです。ですので、日本人だった祖父をもっと理解するにはやはり彼の母語である日本語をもっと知り話すことだと思うのです。そうした思いから日本語を学習しようと思いました。

日付: 2006年7月12日
場所: アルゼンチン、ブエノスアイレス
Interviewer: タケシ・ニシムラ、リカルド・ホカマ
Contributed by: アルゼンチン日系センター

education family language

ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

「ニッケイ・ルーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団