祖父のアルゼンチン移住 (スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)祖父は18歳の時船でアルゼンチンへ来ました。それは兄がもうすでにこの国に来ており、母の命でその兄を捜しにきたのです。ある住所をたよりに兄の状況を探りにきたのですが、日本へ帰ることはありませんでした。アルゼンチンにいる間、両親や兄妹が亡くなったことを知らされるのです。かなりの年月が経ってから日本に戻りましたが、家族のほとんどが既に亡くなっていました。甥や兄妹は数人いたのですが、両親は亡くなってしまったのです。私にはこの祖父のこうした生き様がとても印象的なのです。

日付: 2006年7月12日
場所: アルゼンチン、ブエノスアイレス
Interviewer: タケシ・ニシムラ、リカルド・ホカマ
Contributed by: アルゼンチン日系センター

argentina immigration migration

ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

「ニッケイ・ルーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団