祖父との思い出 (スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)祖父とはとても良い関係だったことは覚えています。祖父が亡くなった頃、私はまだ幼く、10歳でした。当然大人の関係ではありませんでしたし、何かを話したり、アルゼンチンに来たときに何を思ったのかなどを聞いたことはありません。私はまだ子どもでそのような話はできなかったのです。でも記憶を辿ると、良い思い出ばかりですね。祖父は物静かな人で、典型的な日本人といいますか、無口に近かったのではないかと思います。でも、とても優しくて、とてもオープンで包んでくれるような存在でした。

日付: 2006年7月12日
場所: アルゼンチン、ブエノスアイレス
Interviewer: タケシ・ニシムラ、リカルド・ホカマ
Contributed by: アルゼンチン日系センター

family grandfather

ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

「ニッケイ・ルーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団