アジア系アメリカ人演劇 『The Monkey Play』で公演 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 1973年12月、僕らはある芝居に出演しました。『ザ・モンキー・プレイ(西遊記)』という芝居で、ジュリアン・フォシュという人のプロデュースでしたね。彼はハリウッドの人間で、母親と共同でヴァージル地域のサンセット・ブールバードに店を持っていたんですね。彼はたくさんの俳優や女優、芸能関係者を知っていました。この時初めてショウビジネスで働くアジア系アメリカ人の監督、プロデューサー、ダンサー、そして振り付け師が、彼のもとに集められ、『ザ・モンキー・プレイ』という、孫悟空が出てくる中国の古典をもとにした演劇が作られました。彼は俳優・女優陣を集め、劇中音楽のためのバンドを雇い、芝居の後にはコンサートを開きました。僕らも何曲か作って演奏し、それが僕らの初仕事となったんです。

日付: 2004年10月15日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アート・ハンセン、ソージン・キム
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

hiroshima the monkey play

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団