広島県の学校にいた帰米のクラスメート達(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)(広島県の学校には)小学1年生から通い始めました。私はクラスのみんなより歳が上でした。特に広島からは多くの移民がアメリカに渡ったため、(広島の)学校には「アメリカで生まれました」と言うクラスメートが沢山いました。クラスの3分の1が、ハワイ、カリフォルニア、オレゴン、やワシントンなどから来ていました。特に南カリフォルニアの人が多かったですね。祖父が(家族を日本に)呼び戻し・・・。クラスメートのほとんどが私より年下でしたが、互いに言葉をかわすようになりました。小学校1年生から始めたので、(学校は)それほど大変ではありませんでした。最初の頃は私だけでなく、他の多くのクラスメートも学校が始まるまでは何もものを知りませんでした。

日付: 2003年12月17・18日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: アリス・イトウ、トム・イケダ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

hiroshima immigration migration

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団