原爆後の広島での経験 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 広島の西区から(電車に乗って)駅を降り、路面電車の路線のすぐ脇を広島の中心に向かって歩き始めました。原子爆弾の爆心地を通り過ぎ、広島駅まで路線に沿って歩いて行くと、煙が立ち昇っていました。火はあまり出ていませんでしたが、煙が立っていました。人々が道に横たわり、また川に人が浮かんでいました。私達は「どうして死んだ人達を・・・なぜどこかの場所に移さないだろう」と話しました。

しかしその時はまだ原爆が投下されてから1日半しか経っていなかったのです。その時はまだそれが原爆だとは知りませんでした。原爆だと知ったのは、私達が忠海(ただのうみ)の基地に戻ってからです。そして原爆は何か特別な爆弾だと知らされました。忠海に到着した私の陸軍の友達の多くは、負傷者に付き添ったり片付けなどを手伝うために、直ぐ広島に戻りました。ほとんどの人は負傷した人たちの治療に向かったのですが・・・今となってはわかりません。

とにかく医療など全てが不足していることがわかりました。私の友達は出来る限りのことをしました。(ある日、広島の現場で)友達が私に「向こうにいる人達がコップ一杯の水を欲しがっているのだけど・・」と言いました。しかし命にかかわるので、水を上げないようにと言われていたそうです。(その後)友達の話によると、人々は彼らをつかみ「兵隊さん、お願いですから水を下さい。お願いです。」と言ったそうで、その様に頼まれると、彼らも振り返らないわけにはいかず、目をつぶって水をあげました。すると本当に3、4時間後に死んでしまったそうです。

私はそのような経験をしたわけではありませんが・・・。(被害に合った)街を目の当たりにし・・・街を見渡すと完全に平らな状態でした、その後のことを本で読み、そして何千人の人が死に・・・そうです、地獄のような光景でした。それで私達はこの様な原爆が2度と使われてはいけないと考えたのです。そう強く思います。こんなものは2度と使われてはいけないと強く思います。

日付: 2008年6月17日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジャニス・タナカ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

a-bomb atomic bomb hiroshima Japanese Imperial Army

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団