トラウマを乗り越え、原爆の体験を語る(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)日本から帰国した1948年以降、私は悪夢にうなされ、夜中に叫びながら目を覚ましていたと母は言っていました。私には食べられない物もありました。マリナラソースのスパゲティなど、赤い色の食べ物は全てダメでした。ピンクグレープフルーツや赤肉など、子供時代に目撃した大虐殺を思い出させるものは全て、口にすることも飲み込むこともできませんでした。

でも時が過ぎ、原爆投下から10年後の1955年にはそれも消えたように思います。それ以降、原爆の話をすることができるようになりました。内容によっては少し胸が詰まる思いをすることもありますが、もしかすると聞いている人たちより私の方が落ち着いた気持ちで話せているかもしれません。もう何度も講演しているので、鈍感になったからかもしれませんが。もちろん困難なこともありますが、耐えられないほどではありません。

日付: 2019年9月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 三木 昌子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

a-bomb atomic bomb hibakusha hiroshima trauma World War II

ディスカバー・ニッケイ「トークイベント」シリーズに関するアンケート

アンケートに答える >>

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団