渡米を勧めてくれた父(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)京都大学や大阪で教職に就いた頃、父から私の今後の人生について話をされました。私は当時まだ結婚していませんでした。父は私に、「アメリカに行ってみたらどうだ?行ったらいいじゃないか」と言いました。

父がなぜそう言ったかというと、父は実は庭師から宣教師になり、布教のためにアルゼンチンに行きたかったのです。日本は小さすぎると思っていました。そういう人でした。大きな人でしたが、病気になり、代わりに誰かに海外に行ってほしいと思っていたのです。

父は私に、私が習得したことを他の文化圏で教えてほしかったのです。「宣教師にはならなくていい。教師としてアメリカに行き、日本のことを伝えたらどうだ?」と言いました。父はそういう人でした。

日付: 2016年8月10日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ソージン・キム、ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

landscape migration

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団