ニューヨークで学んだ後、日本に帰国(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)バークレーで学んだ直後、1967年に日本に帰国しました。それからニューヨークに5か月間勉強に行きました。ニューヨークに行くことは若い頃の夢でした。当時は(聞き取り不可)などがありました。私はもうしばらくニューヨークに居たかったのですが、万国博覧会や京都大学での仕事などが控えていました。

そして帰国しましたが、1969年、京都大学では暴動が起きていました。激しい学生運動でした。大学に行っても授業ができるような状況ではありませんでした。私はバークレーの自由主義などの影響を受けていたので、教員の立場ではありましたが、学生の肩を持っていました。学生たちが自分たちの信念を発展させる支えになろうとしていました。

日付: 2016年8月10日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ソージン・キム、ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

1960s civil rights Japan movement student strikes

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団