渡米初期のアメリカの印象(英語)

渡米の決意(英語) サンペドロへの旅(英語) アメリカ生活の始まり(英語) 渡米初期のアメリカの印象(英語) 園芸ビジネスを学ぶ(英語) 造園業から園芸場経営へ(英語) 事業の拡大(英語) 次の段階(英語) 人生哲学(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)フラミンゴ・カンパニーで最初の仕事に就いた時、英語はさっぱりわかりませんでした。この会社には飛び込みで行きましたが、面接をしてくれました。いろいろ質問されましたが、全然答えられませんでした。でも僕はラッキーで、日系二世の人がいたんです。彼が僕に面接のようなことをしてくれましたが、彼もそんなに日本語が上手ではなかったので、何と言うか、カタコトの面接でした。でもなんとかなって、支配人が僕を雇うことを決めてくれました。

家に帰る途中、僕は、もしかするとアメリカっていう国は、自分が思っていたような国ではないかもしれないと思いました。彼らは僕が誰か知りませんでしたし、その時が初対面でした。そして僕は英語を話せませんでした。僕が良い働き手かどうかもわからないのに、雇ってくれたのです。これには一考の価値がある、と思いました。

最初にお話した考え方から変化し、僕は初めて、もしかするとこの国は良い国なのかもしれないと思いました。そして、アメリカについて考え始めました。この国について、初めて深く考えてみようという気になったのです。

日付: 2012年2月2日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: クリス・コマイ、ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

america jobs migration Shin-Issei

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団