祖父の思い出(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)祖父は、多くの日本人移民と同様に船でペルーにやってきました。初期の移民団ではありませんが、1924年頃20歳でリマに着きました。祖父の人生はとても興味深く、多くの人は「ハルディン・タナカ(田中園)」という広場をつくったことで今も記憶されています。花や観葉植物をたくさん植えて、それもミラフロレス地区のホセ・パルド大通りにあったそうです。現在この「ハルディン(公園)」はもう存在しません。 祖父は地元の人と結婚したのです。ということで祖母は、ペルー南部に位置するモケグア県(現在は郡)出身のブランカ・アスカラテという女性でした。 祖父はとても活発のようでしたが、早くに亡くなりました。多くの人は祖父の仕事ぶりを記憶しています。小さな家具の製造会社をもっていて、家具を自らデザインし、その他瓶詰め工場も経営していたのです。また、理想家でもあり、花が好きで、文学の本も良く読んでいたと祖母が母に話していたそうです。祖母も、祖父が教養や詩や文学を愛していたことを、自慢していたそうです。そしてその理想にはペルーのことを思ってのことであり、日本とペルーの関係をもっと親密にしたかったようです。 祖父は、海の事故で亡くなりました。お昼みんなで食事をとったあと、アンコンの近くの海へ泳ぎにでたのですが、戻ってきませんでした。そして次の日、サンタロサ海岸で遺体で発見されました。36歳でという若さでした。短い人生でしたが、とても濃い生き方だったといえます。 ということで母方の祖父には会ったことはありませんが、父方のイギリス出身であった祖父の記憶はあります。私が8歳の時に亡くなりましたが、覚えています。でも日本の祖父とは会ったことがないということで逆にその関心が高まり、次第にもっと知りたくなったのです。

日付: 2007年12月7日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団