アイデンティティの答えを求めて(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)かつてはミュージシアンになりたいと思っていたのです。それまでの人生のなかで言葉や音楽は何となく身近な存在でした。でも、大学では哲学を専攻しリマ市内のカトリック大学に入学しました。そして卒業後、陶芸家としての道を選択し、そこから日本との接点を見出だすことできたんです。 この陶芸の世界に足を踏み入れた際、イギリスのバーナード・リッチと日本の濱田庄司という巨匠について勉強しました。この二人から多くのことを学び、人生の哲学や近代陶芸家の生き方そのものに魅かれたと言えます。陶工の生き方、無名作家の生き方、無名陶芸家の生き方等ですが、そうしたところに作品の原動力というものがあると私は今も考えています。また、陶芸の中に、日本との接点を発見し、さらにはペルーに存在するアメリカ大陸発見前の文明世界との関係も見出したんです。また、一度もあったことがない祖父田中が遠い記憶から現れたのです。 日本との血縁である祖父田中は母の父であり、ギジェルモ・シンイチ・田中という名前だったのですが、若くして亡くなり、でもいつも気になっていた存在で私はどこかで祖父のことをもっと知りたいと思っていたのかも知れません。 日本での滞在は1979年から80年の2年間でしたが、月村まさひこという先生の下で陶芸を勉強しました。陶芸のこと以外にも祖先の記憶をたどり、私の日本の家族についてもっと知ろうと思ったのです。その時一番先に浮かんだのが祖父田中のことです。

日付: 2007年12月7日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団