自己発見を象徴する蟹(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)僕には、蟹との面白い出会いが二回あるのです。一回目は1994年セロアスル海岸のビーチです。ペルーへの日本人移民記念式典がオベリスク(記念碑)の周囲で行なわれ、そこには多くの蟹が流されてきていました。現在そのオベリスクはもう存在せず、もっと近代的でモダンな記念塔がたっていますが、今でも蟹がオベリスクの近くで干からびていたのを覚えているんです。このセロアスル海岸で母や家族とともにビーチを歩き、昼食をとったある日、僕は、浜に引き上げられた人の姿を見た気がしたんです。それはまるでペルーへ移住してきた祖父母の姿のようでした。 なにゆえ蟹で例えたのかといいますと、冬の蟹の行動はとても興味深いからです。冬は波も高く、上潮も激しくビーチのかなり部分も水につかります。ビーチの砂浜も所々水たまりができてそこには小さな蟹がいるのです。一定の期間のみそこに残り、そのうちに泡が立ちます。夏がくるとそうした水たまりは乾き、蟹たちは戻れなくなるのです。 砂浜で乾いた蟹をみたとき、ふっと自分の中で何かが浮かんだのですが、考えてみますとそれまでの生き様がそこに映し出されたような気がしたのです。蟹たちの命は絶えていましたが、あのままをみる限りなんとなく陸に上がろうとしているように見えたのです。この姿が移民の上陸と重なってしまったのです。後に国立博物館で開催された私の展示会を「移動・移転(Desplazamientos)」と名付けたのですが、そこからくるのであり、蟹を主役にして展示したのです。 もう一つの出来事はパサマヨの浜辺で起きたのです。このビーチは、祖父が亡くなったアンコン海岸の隣にあるのです。私も波にさらわれた苦い経験を持っているのですが、幸いにもその高波や泡からなんとか抜け出せたのです。波は次から次へと押し寄せ、一瞬に気を失い、ふっと気づいたら砂浜で蟹に囲まれていたのです。このことで祖父がセロ・アスルのオベリスクにいたことを記憶していたのです。そして、このアンコン浜辺で命を落としたことを甦ったのです。なんとなく近い出来事であり、でも遠い過去の出来事でもあり、まぎれもなく関連性をみたのです。この事件以来、祖父の遺影を青蟹の前に置くことにしたのです。どうみましても、蟹と祖父との関係は確実であり、具体的なものなのです。

日付: 2007年12月7日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団