無限の夢を与える展示会(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)作品には順序だった物語と言うものがあります。私はこれをステップと呼んでいますが、「1,2,3,4,5,6・・・」とただ整然と並べるのではなく、無秩序な空間に配置されるべきなんです。人によっては1番目からではなく8番目から始める人もいるでしょう。ですので、日本の本のように後ろから読むということもできるようにし、最初のページから写真を見ながらその物語を読みすすめていても、突然話しがいったり来たりするようにし、そうすることで遊び心をくすぶることもできます。 このような自由な反応はそう多くなく、またはいつもそうなるとは限りません。芸術の世界でも同じですが、一種の固定概念があり、また自分もその枠にはまっていくのです。無意識に自分もその枠に収まってしまい、なかなかそこから逃げられない状況をつくってしまうのです。作品をつくるためでもありますが、芸術には音や空間の活用の仕方、文字やアイデア、そのアイデアを実現化するための様々なコンセプト等、これらに対しては多少の自由はあると思います。 一つの空間には様々な表現があります。花の香り一つとっても、その花は毎日のように変わりますし、花の枝が固定されているように見えても、近くによってよく見ながら触れてみると、別の側面が見えてきます。 自分でも自身の展示会を見ましたが、一つ一つの作品との間にほどよい緊張感があるのです。波の写真、蟹をつかもうとしている手、折り紙になって吊るされている蟹、壁に貼られた紙には複写された手、とても興味深いのです。そして、訪問者ひとり一人が異なった解釈をするのです。ある昼のことですが、年配の男性が訪れ、私の手を見て、そして自分の手を見て、展示会を後にしました。自分の手に何となく満足していたようなのですが、別れ際に「私の手も皺だらけです。切れ目もすごいでしょう」と言ったのです。たったそれだけですが、それがその人の解釈と手応えだったのでしょう。 私としては全ての物語を見てほしいのですが、でもそうでなくてもいいのです。その空間を訪れたことによって何かを発見し、何かを記憶から甦らせることによって自身にとって再発見になったり、見直になったり、微笑んだり、そして新たな夢をみるきっかけになってくれれば作者としてこれほど幸いなものはないのです。

日付: 2007年12月7日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団