美と儀式の内包的意味(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)私の師匠として尊敬するイギリスのバーナード・リッチと日本の濱田庄司は、1940年頃か、いや50年代かもしれませんが、「民芸(民衆工芸)」という考え方(運動)の先駆者です。「民芸」が陶芸作家や職人の生き方を尊重させるという概念を元に、美術学校出身の学生らに大衆芸術の中で作品の美を追求するよう指導しました。これらの作品は一般的にシンプルで使い勝手のいいものがベースになっており、伝統的な美を象徴するものを制作することを念頭に置いたのです。 私は陶芸家という職人はただ単に粘土を煉り、彫刻のようなものを創作するだけではなく、やはり日常的に使用できる、実用的な作品が創られてもいいと思っています。そうすれば、陶芸の技術的な側面を超えて他の要素も見えてくると思います。時には大きな陶芸作品を制作しようとすることで、実用的な作品をつくるために必要な試行錯誤、数回に及ぶ釜での焼き作業等、こうした陶芸の世界ではたくさんの発見が潜んでいると思うのです。 作品の実用性の中には美があります。美といいますと茶道のことを思い浮かぶのです。茶のセレモニー(作法)にはすばらしい茶碗を使いますが、これはご飯を食べる碗に由来します。その後、禅の師匠たちが、朝鮮人芸術家たちがその同じ碗で食事しているところをみて、茶道の世界に取り入れたのです。すごいことですよね。茶道で使う茶碗はキリスト教徒の聖杯のようなものです。カトリックの世界ではミサという儀式で聖杯を使うことで神聖化するように、茶道にも同じような側面があります。そしてそこでは美の要素が非常に大きな意味を持っており、ただ美しいだけでなく実用性を兼ね備えたものにこそ、真の美の要素を見ることができるのです。

日付: 2007年12月7日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団