詩を通して自分を表現(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私は、幼い頃から書くことを止めたことはありません。子供の頃の私はとても恥ずかしがり屋でした。多くのアジア系アメリカ人は言葉で自分を表現することが苦手だと思います。だから書くことで常に自分の中にとどめ、それによってずいぶん助けられていたと思います。だから私の詩を読んだ人は驚くんです。鋭くて、皮肉が込められていて、時として辛辣な批判が含まれているからです。私がそういう考えを頭の中に隠し持っていたことは、誰も知りませんでした。(笑)

日付: 2018年8月7日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: シャーロン・ヤマト
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

identity poet poetry

ディスカバー・ニッケイ「トークイベント」シリーズに関するアンケート

アンケートに答える >>

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団