アメリカへ移住することへの葛藤

名前の由来 パナマで幼稚園に通う 捕虜交換船で戻ってきた父 ハリーとの出会い 国際結婚について まさおさん アメリカへ移住することへの葛藤 二つの国に忠誠は尽くせない 5歳の娘の意思を尊重 アメリカへの移住して良かったこと

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

えぇ、いろいろすごい葛藤がありましたね。私はこれ大間違いしてるんじゃないのかしらと思って。ただ浮かれてアメリカに行くっていうので、あこがれてひょろひょろとこっち来たわけじゃないんです。私これで人生踏み間違えたのじゃないかしら。私は日本にいて、この家に、日本に残るべきじゃないのかしらと思って・・・その時にまだ、私が藤沢にいる頃でしたけど。だからおいそれと心よく浮かれて来たわけじゃないんです。

だから私がアメリカに来てからすぐ、皆から「アメリカに来てよかったわね。」「アメリカに来るチャンスがあってよかったわね。」だけど私その時にその、大手を広げて本当にそうだったとは言えなかったんです。自分で本当に自分の将来を間違っているのかしらって、それがいつでも頭の中にあったです。でも彼は実直そのものでしたから、彼一人が頼りだったし。

ちょうど戦争のね、1950・・・50年頃でしたね。あのときにアメリカの映画でね、「Going May Way」という映画があったんです。その映画のタイトルが好きで、自分の道、「わが道を行く」っていうんですよね。それに励まされて、私はアメリカに来たんです。我が道を行く。

日付: 2012年1月26日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ、西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

identity international marriage United States war bride

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団