友人の説得でレコード作成(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)しかし、海兵隊から出てきたとき、私は異なる演奏をしていることに気が付きました。演奏の中で私が成長したのか、それともただ音楽を聴いているだけで長い間演奏していなかったために段々とそうなってきたのか…。

聖ルーシーに通っていた私のクラスメイトで、もう亡くなってしまったけれど、名前はゲイリン・キャン、地元の中国人の男の子がいました。とても大げさな人で、でも幸せな気分にさせてくれるハッピーな少年でした。彼は私に言ったんです。「ハーブ、君は人生ずっとウクレレを弾いてきた。学校でも、集会でよく演奏をしていた。レコードを作ればいいじゃないか」そうして、始まったのです。

それで私が「誰に会えば良い?」と言うと、「心配ない、紹介するよ」と言われました。それから彼は、当時キャピトルレコードの代表者でもあったフラレコードのダン・マクダーミッド氏に私を紹介してくれました。彼に演奏を見せると、「オーケー。いつでもいいよ。準備が出来たら教えてくれれば、レコーディングをしてあげるよ」と言ったのです。

日付: 2012年8月
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

hawaii music musician ukulele

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団