太鼓コンテストを通して育まれるグループとしてのアイデンティティ

渡米の理由 アメリカでの初めての太鼓パフォーマンス 太鼓のスタイルの違い それぞれの太鼓グループの持つオリジナリティの重要性 アメリカに住むことの利点 太鼓コンテストを通して育まれるグループとしてのアイデンティティ 日本文化の伝統としての太鼓の音

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

30年たって、見渡したら、なんかいっぱい増えたんだけど、これは日本の太鼓だよ、日系人の太鼓だよという、そういうねアイデンティティみたいのを持たないような太鼓が、たくさん増えちゃったと僕は思うんですね。これ何とかしないと、これから先、これが主流になっててね。で、あの日本の太鼓とは言えない、日系の太鼓とも、まぁ、いやその日系の太鼓は何だと言われると、ちょっと答えに難しいとこがあるんだけど、ただ太鼓じゃない太鼓が主流になって、もうわけのわかんないものになっちゃうんじゃないかなっていう、そういう心配があって。それで、まあ何かやんなきゃいけないということで、もう少し日系のね、このアメリカでやってる人たち、あの、全部が全部じゃないんですけど、やる気を持ってもらいたいなと。そうすればもうちょっと真剣に、あの、取り組んで欲しいな。遊びでやってるなら、遊びっていうかね、あの楽しみでやってるのはそれはそれでいいんだけど、もうちょっと同じ時間を使って練習してねやるんだから、もうちょっと勉強すればね、もうちょっと良くなると。で、その、ただそのそういう気持ちに皆さんが気づいてないんじゃないか、というところを考えて、それだったら、例えばそれじゃあそういう人たちをやる気にしてもらう、するにはどうしたらいいのあかなぁっていろいろ考えて、じゃああのコンテストをやればね、主催すればひょっとしたら参加してくれる人たちはね、多分皆さん、あの今まで以上に真剣に練習をつんでくるだろうし、いろんなアイデアを考えてくるだろうし、そうすればそれだけね、そのグループはレベルがアップすると(思うんです)。

日付: 2005年4月1日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アン・カネコ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

music taiko

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団