エド・サリヴァンの「ザ・オールネイビー・ショ-」への出演(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私たちは朝の四時半に起きなければなりませんでした。朝礼をし、食べたくなくてもカフェテリアまで行進をしなければならなかったのです。

私はとても頭にきていました。あと、私は軍法会議にかけられるところでした。というのも、ロッカールームには、銃口を下にして台尻を一番上の棚にかけてあるライフルがありました。そのライフルが落ちてちょうど裸足に当たり、そこで骨を三本折ってしまったのです。私は食堂まで歩けなくなり、それからずっと監視の任務に就くこととなったのです。兵舎で朝になるとみんなを起こしていました。この配置になったのは、足のことがあったからですけどね。

それから本部の机の上に何かがあるのを見つけたのです。エド・サリヴァン・ショーへのオーディションについて書かれていました。ああ、何だこれは、と思って妹に頼んでウクレレを送ってもらいました。それでサンディエゴのミッション・ボールルームでオーディションを受けて受かり、そこからメリーランド州のパタクセント川、ニューヨークの聖アルバヌス病院に行って、エド・サリヴァン・ショーに辿り着いたのです。

日付: 2012年8月
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

hawaii military music musician ukulele

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団