いつも絵を描いていた (英語)

いつも絵を描いていた (英語) 収容所でラリーが椅子をデザイン(英語) ラリーの釣りの腕前(英語) ラリーの危険なカーレースに対する母の反応(英語) ラリーとクリントン大統領(英語) コルベットの殿堂(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私たち(グレースとローレンス“ラリー”シノダ)は、いつも絵を描いていました。母はとても絵が上手で、父にも絵心がありました。私たちにとって、描くことは自然なことでした。母は、エンピツの入った小さな箱と、紙袋やスーパーの袋を切った大量のリサイクル紙をいつもラジオの上に置いていました。そして私たちの宝物は、大きな黒板でした。それは、クリスマスに叔父さんがプレゼントしてくれたもので、キッチンとダイニングの間のスイングドアの裏側に置いてありました。黒板を半分に分け、片方をラリーが、もう片方を私が描くことも、2人で大きな絵を1枚書くこともありました。そんな風に、私たちはいつも絵を描いていました。

日付: 2011年9月9日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

arts drawing

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団