コルベットの殿堂(英語)

いつも絵を描いていた (英語) 収容所でラリーが椅子をデザイン(英語) ラリーの釣りの腕前(英語) ラリーの危険なカーレースに対する母の反応(英語) ラリーとクリントン大統領(英語) コルベットの殿堂(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)ラリーには、ある持論がありました。それは、日中は人工の照明を使わず、自然灯のみをコルベットに当てることでした。昼間はコルベットに照明が当たらないよう、特別にデザインされた灯を使いました。

彼の彫像に関する面白い話があるのですが、彫像はファイバーグラス製で、彫刻家の名前は思い出せませんが、ラリーは彼女に、「もうちょっと髪の毛を増やしてもう少し細身に作ってはどうだろう?」と言ったんですね。コルベット博物館の開館日、ピカピカのコルベットから手を振って降りてくる彫像の姿がお披露目されました。

実は、その写真が手元にあるんですよ。私が一度マンザナールを訪れた時、レンタカー、それもボロボロのレンタカーで来ている若いカップルとマンザナールのゲートで出会いました。そして男性の方が、「私でも知っている人で、どなたかここに収容されていた人はいますか?」と聞くので、「私もこの収容所に居ましたけど、私は有名ではありません。でも、ラリー・シノダと彼がデザインしたコルベットなら聞いたことはあるんじゃないかしら?」と答えました。「ええ、ラリー・シノダもコルベットももちろん知っていますよ」と彼は言いました。

彼がコルベットを所有していたことも、サン・コンピューターズ(サン・マイクロシステムズ)の副社長だったことも、私は全く知りませんでした。当時、サン・コンピューターズは、大手のコンピューター関連会社でした。彼は、私に名前と住所を聞き、いやはや驚いたことに、次のクリスマスに、ラリーの彫像がコルベットから降りるところを写した写真を送ってくれたのです。彼は、会社のジェット機でコルベット博物館のオープニングに駆けつけ、彫像が車から降りところを写真におさめていたのです。

その翌年、確か彼はまた博物館に行ったと言っていたと思いますが、ラリーの彫像がなくなっていたそうです。博物館の人たちも、彫像がどこに行ったのか分らなかったようですが、結局倉庫に入っていたそうです。本当にがっかりですよね。

でも、オープニングの時にはラリー(の彫像)があり、大きなショールームのデスクに座り、彼のデザインしたコルベットシリーズを見渡していました。

日付: 2011年9月9日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

automobile Corvette Hall of Fame Larry Shinoda

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団