ラリーとクリントン大統領(英語)

いつも絵を描いていた (英語) 収容所でラリーが椅子をデザイン(英語) ラリーの釣りの腕前(英語) ラリーの危険なカーレースに対する母の反応(英語) ラリーとクリントン大統領(英語) コルベットの殿堂(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)I*:ローレンスとクリントン大統領の話を教えてもらえますか?

ええ、ご存知の通り、ラリーは、コルベット・クラブや大きなカーラリーの人気者でした。このようなイベントにはかなり大きなスポンサーがついていて、今でも素晴らしいカーラリーが全米にあります。最大級の大会の1つに、ペンシルベニアのイェーガーさんという方が開催している大会があり、そこにクリントン大統領が’64年製マスタングで現れました。

大統領は、米国大統領として、自動的にマスタングのパレードに出る権利があると考えたようで、ペンシルベニアの大会に姿を現し、「ビル・クリントンです。ラリーを見に来ました。パレードに出場するにはどうすればいいでしょう?」と言いました。「あのポンコツで?」イェーガーさんは言いました。「無理ですよ。」すると大統領は、「僕はアメリカ大統領だよ。」と返しましたが、イェーガーさんは、「あのポンコツでは無理。」と答えました。「では、せめてラリー・シノダに会えますか?」と大統領が聞き、イェーガーさんは、「ラリーに聞いてみますよ。」と言いました。

それでとにかく弟は、人に対していつもとても愛想が良く、ビル・クリントンのことも好きでしたから、大統領は、自身のマスタングのデザイナーであるラリー・シノダと握手をすることができました。そして大統領は、パレードへの出場も諦めず、出場できるようにしたのです。

*「I」は インタビュアー(ジョン・エサキ)

日付: 2011年9月9日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

automobile Larry Shinoda Mustang President Clinton

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団