「沈黙の合意」(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)戦闘というのは余りにおぞましい経験で、退役軍人の間では、いや、私達の間でさえも、ほとんどの人が戦闘であった事について語りたがりません。これは本当だと思います。つまり「沈黙の合意」・・・ですね。私達の妻、子供、他人に対してだけでなく、お互いの間でも話しません。

彼らとは(今でも)一緒に会いますし、集るのがとても好きですし、一緒にいて非常に居心地が良いのですが・・・戦闘での24時間は永遠のように感じます。いつ何時死ぬかわからない、人生がここで終わりを遂げるかもしれない。平和な時には絶対に頼まれない、普通では不可能と思われるような任務を与えられる。そして大変な危険の中で、身体的に無理だと思われる事を成し遂げなければならない、そういうプレッシャーが常にある。その中でお互いに頼ることを学びます。ですから5年、10年、15年、20年と会っていない人でも、再び会うとすごく嬉しいだけでなく、昔の頃と全然変わらずにいられるのです。

日付: 1995年8月28日
場所: 米国、カリフォルニア州
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

100th 442nd army military veterans World War II

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団