陸軍での人種差別経験(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私に対しても言われていたことですが、朝鮮戦争に出兵したアジア系の人は、「(見かけが)敵みたいだ。」というようなことをよく言われていました。敵の通称がジョー・チンクで、北朝鮮の人のことをそう呼んでいたんです。私もしょっちゅう「よう、ジョー・チンク。」と呼ばれました。

それから、兵士の射撃練習に使われていたポップアップ式の標的と私の顔が似ていたので、「ポップアップ」と呼ばれることもありました。定期的な射撃練習が兵士には課されていたのですが、毎回使っていた射撃練習用のポップアップ式の標的には出っ歯で目がつり上がった顔が描かれていました。それは、第二次大戦中の日本人をステレオタイプ的に描いた顔でした。私が初めて45口径の銃で射撃練習をした時のことです。初めのうちは標的が見えないようになっていて、突然、先ほど述べたようなジャップの姿をした標的が現れたのです。そして次々現れるジャップの標的を5つ、バンバンバンと撃ち抜いていきました。標的は全てジャップだったんです。それで私には「ポップ・アップ」というあだ名がつけられました。

日付: 2003年3月18・20日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: アリス・イトウ、マユミ・ツタカワ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

army discrimination Korean War racism

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団