ノスケ・アキヤマ

サンフランシスコ太鼓道場の太鼓奏者・獅子舞

太鼓を通しての日本文化の再発見 日本人としてのアイデンティティ、故郷としてのサンフランシスコ (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

ノスケ・アキヤマ氏は横浜で生まれ育った新一世です。彼が渡米したのは1965年で、この年に移民法が改正され、国籍による移民数の制限が廃止されました。

最初に太鼓を公の場で演奏したのは1968年の秋祭りの時で、以来サンフランシスコ太鼓道場で演奏続けています。もともとは太鼓奏者として活躍していたアキヤマ氏ですが、彼の獅子舞はそれ以上によく知られています。現在、彼はジャパン・フード・コーポレーション(JFC)でセールスマネージャーとして勤めるかたわら、サンフランシスコ太鼓道場でパフォーマンスをこなし、獅子舞を教えています。 (2005年1月26日)

culture taiko values identity

いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

「いただきます2!」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団