憲法に守られることを信じていた父(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)真珠湾攻撃が報じられると、私たちはどうなるのかすぐに分かりました・・・父はあまり多くを語りませんでしたが、何が起きているのかは分かっていました。父は、自分には憲法上の権利があることを知っていました。他の人たちがパニックに陥り、大統領令が発令された時も、(日系人の強制退去は)憲法に違反していて、実行できるはずはないと信じていました。実際大統領令が施行された日、それが農場での最後の日になりましたが、父はギャビラン川の向きを変える作業をしていました。収容所に行かなければならないということに気付いていなかったのです。

日付: 2018年3月22日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

civil rights Constitution EO9066 World War II

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団