強制収容所での思い出(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 強制収容所にいた頃僕はまだとても小さかったので、どこでも遊びたいところで遊ばせてもらえたんです。僕らがすることと言えば、遊ぶことだったんです。収容所中あちこち散策したりして、父に恥をかかせてしまったこともありました。父はそのブロックの火災警備員をやっていたんですが、僕らはマッチで遊んでいで間違えて貯水槽に火をつけてしまったんですよ。でも僕が覚えているのはそれくらいで、とにかく楽しかったですね。

あと、覚えているのは、年齢と性別によって別々に食事を取っていたことですかね。だから今でも僕の世代は家族みんなで食事することに、本当は違和感があるんだと思います。当時から習慣として残っているんでしょうね。母は、ラム肉の料理は作らないんですが、金曜日は食堂のメニューはラムシチュー、子羊のシチューだったんです。羊はずいぶん油っぽくてね。だから僕は大学に入るまでそれがラムだってことを知らなかったんですよ。

日付: 2004年12月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アート・ハンセン、ソージン・キム
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

camps incarceration internment World War II

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団