結婚と帰国(英語)

カリフォルニアに来た時のこと (英語) 陸軍情報部隊員と共に日本語を学ぶ(英語) 日本での玻満子との出会い(英語) ミスコミュニケーション(英語) 手紙を書く(英語) 天野氏と会う(英語) 結婚と帰国(英語) 玻満子に対する家族の反応(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)1948年、僕らは銀座のメソジスト教会で式を挙げました。彼女のお父さん、シズコ・ナイトウ、それからお父さんの友人たちが居たと思います。式は、ごく少人数で執り行われました。

それから19… 僕らは藤沢で暮らしました。僕は、東京のNYKビルで働いていたので、藤沢から毎日電車で通いました。お父さんが僕らに部屋を提供してくれていたのです。部屋は日本庭園につながっていました。それは美しい場所で、鯉やきれいな金魚のいる大きな池もありました。1950年、ようやく僕は妻を連れて米国に帰る許可を得ました。

1950年当時、東洋人の米国入国は禁止されていました。僕の父は、市会議員に会いに行き、ワシントンの議員とのコネを利用してくれるよう、賄賂を渡していました。その後、ワシントンで法案が可決され、名前は忘れましたが、公法第7276とか大体そんな感じだったと思いますが、法の可決により彼女のアメリカ入国は許され、1950年11月、僕らはジェネラル・マンという輸送用の軍用貨物船で出航しました。横浜のすぐ外で嵐が起こり―またですよ―、季節はもちろん冬で、サンフランシスコに入港するまで嵐はついて来ました。そして電車に乗りましたが、玻満子はひどい船酔いで大変な状態でした。僕らは、ソラノ・ビーチに向かいました。そこには、叔母のすすめで僕の父が買った小さな家がありました。僕らの住む家を用意してくれていたのです。

日付: 2012年1月26日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ、西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

army military MIS veteran war bride World War II

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団