ミスコミュニケーション(英語)

カリフォルニアに来た時のこと (英語) 陸軍情報部隊員と共に日本語を学ぶ(英語) 日本での玻満子との出会い(英語) ミスコミュニケーション(英語) 手紙を書く(英語) 天野氏と会う(英語) 結婚と帰国(英語) 玻満子に対する家族の反応(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)僕は彼女に、また鎌倉で会えるかと尋ねました。大仏を見に行こうとか、確かそんなようなことを言ったと思います。その数日…いえ、1週間後でしたが、鎌倉でもう1度会うことになりました。しかし、遠路はるばる鎌倉まで行ったというのに、玻満子は来ませんでした。彼女は現れなかったのです。僕はすっぽかされ、日本人の女の子に待ちぼうけを喰わされたことに本当に腹を立てました。でも、それは本当に仕方がないことで、彼女は僕に手紙を書き、当時僕が居た住所に送ってくれていました。その建物は東京にありましたが、名前を思い出せればいいのですが、思い出せません。とにかく手紙は、軍に取り上げられていました。手紙には約束した週は行けない、というようなことが書いてありましたが、僕には知る由もありませんでした。軍人と、当時敵国人として考えられていた日本人が連絡を取り合うことを、軍は認めていませんでした。

それで、彼女がどうやって謝りに来たかは覚えていませんが、彼女は戻ってきた手紙を僕に見せてくれました。軍が彼女に送り返していたのです。手紙を見せられた僕はもう怒るわけにもいかず、その時から僕らは付き合い始めました。

日付: 2012年1月26日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ、西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

army military MIS veteran World War II

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団