『Gidra』の制作 (英語)

共通点 (英語) 『Gidra』の背景を理解 (英語) 『Gidra』の内容 (英語) 『Gidra』におけるグラフィックスの始まり (英語) 若者と『Gidra』 (英語) 『Gidra』の制作 (英語) 囚人の詩 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) きっちりと分業でやっていたわけではありません。能力に差が出るもの、特にイラストなんかは、非常に専門的な仕事になっていました。でも新聞の制作、つまり記事を受け入れて、フォーマットに入力し、コラムを作り出し、校正、添削をし、ライトボックスの上でチェックをし、それらを再びまとめ、ページレイアウトを考える。こういったことはみんながやっていました。

想像するのは難しいと思いますが、『Gidra』を見ればわかりますよ。ページによっては、出来が非常に悪いですから。

黒いテープに夢中の人もいました。彼らは黒テープをあちこちに貼って、デザインを作ったのです。それもまた、その時代の特徴のひとつでした。「何かをやるのにプロである必要はない。ただ挑戦してみろ」、というような。そういった気持ちがたくさんありました。『Gidra』はそれを実践したのです。

日付: 2011年9月28日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: クリス・クロミツ、ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Asian American movement GIDRA newspapers

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団