スタッフと苦闘(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)僕ら中心メンバーがギドラを運営していましたが、自由な人の流れがあり、来る者も去る者もいました。1、2ヶ月手伝って辞める人や、夏だけ働きに来る若者もいました。でも、そういった全てのことから、僕らは多様性だけでなく活力も得ていました。それは、全てを網羅する経験のようでした。ですから、新聞の中身を超えて、僕が思うに、前にも言いましたけれど、僕らは皆今でも友達です。仲間意識があるんですね。毎日朝の4時、5時まで寝ずに、怒鳴り合ったり叫んだりしながら共に苦闘し、何かを作り上げていました。つまり、本当の結束は、試練があってこそだと思うのです。

第442連隊戦闘団が今でも皆で集まっているのも同じ理由です。彼らには苦闘という共通の経験がありました。強制収容所に収容された人々も苦闘という経験を共にしていました。僕らの体験をその2つと同列に扱うことはできませんが、僕らは僕らなりに、互いの違いに妥協点を見出しながら、ご存知のとおり、より大きな運動に貢献したいという想いで結束していました。

日付: 2011年9月29日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: クリス・クロミツ、ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Asian American movement GIDRA identity newspapers

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団