共通の目的(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)アジア系アメリカ人としてあの時代に育った僕らには、共感できることがたくさんありました。例えば、ここウエストサイドでは、住民のほとんどが黒人かアジア系でしたので、僕らの高校時代の友人は黒人やアジア系でした。僕らは、アフリカ系アメリカ人の兄弟や姉妹に、そして彼らの運動に共感していました。イーストサイドで育った人たちの多くは、メキシコ系の人たちに共感していましたが、いずれにしても僕らは隣人との結束を固め、互いから自分たちの歴史を学び、互いの歴史も学び、自分たちにはたくさんの共通点、つまり、より良い世界を築き上げたいという思いがあることを知りました。僕らには皆、共通点がありました。

日付: 2011年9月29日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: クリス・クロミツ、ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

African Americans Asian American movement asian americans Chicanos community GIDRA identity

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団