15歳の当時、冒険のように思えた収容所(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)当時15歳だった私には、強制収容は冒険みたいなものでした。強制収容への態度は、年齢や人によって異なりましたが、15歳の私には冒険でした。次はいったい何が起こるだろう?と、当時の私は、恐いもの知らずでした。何だってできると思っていたので、当時について負の記憶はありません。少なくても、初めの頃はそうでした。良くないことは後になってから起こりました。学校に通えないことを、誰も予測しなかったのです。そして、そんな状態がいつまで続くかわからないまま、秋まで学校はありませんでした。私たちはちょうど学齢期の子供で、ぽっかり穴が開いたような空白の時間だけが残りました。1番の問題は、何もすることがないということでした。

日付: 1998年6月12日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ダーシー・イキ、ミッチェル・マキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

camps incarceration internment World War II

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団