日本人ではなく日系人(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)訴状を読んでいた時のことです。訴状のある箇所で、日本生まれのアメリカ人も含めた全ての日系人をまとめて「日系アメリカ人」と称していました。私は「ちょっと待って。一世は、日系アメリカ人じゃない。」と言ったのです。するとそれを書いた人が、「どうして?彼らはアメリカに渡って以来ずっとこの国に住み、その後日本へ帰っていないよ。彼らの祖国は、もはやアメリカだし、日系アメリカ人だよ」と言ったんです。私は、すぐにそのことについて考えてみました。「ああ、君が言っていることは正しい。」と思いました。私は、当たり前のように一世と日系アメリカ人をずっと別々に考えていたのです。

このこととは対極に、ジョン・マクロイ1やカール・ベンデトセン大佐の証言は大変腹立たしい思いをしました。彼らは執拗に我々を「日本人が」とか「日本人は」と呼んでいました。私は、報道関係者の席に居たのですが、「ちょっと待ってくれ、俺たちは日本人じゃない。俺たちは日系アメリカ人だ、日本人じゃない。日本人なんて呼ぶな」と言いました。でも、私たちが上告した際も、巡回裁判所で政府側の弁護士は、執拗に私たちを日本人と呼びました。私は、立ち上がって彼のところに行き、「おい、バイビーさん(確か彼はそんな名前だったと思います。)俺は日本人じゃない。日本人なんて呼ばないでくれ。俺はあんたと寸分違わぬアメリカ人だ。日本人呼ばわりするな。」と言ってやりたかったです。(笑)

失礼なことですよ。どうして日本人呼ばわりされるのか、恐らく、彼らは私たちをそういう目で見ているのでしょう。でも、それは誤っているし、侮辱だと思うのです。不適切な呼び方です。良い教育を受けてきた聡明なあなたが、なぜそんな愚かな間違いをするのか、私は問いたかったですね。あまりにも分かりきったことだと思うのですが、なぜでしょう?興味深いです。 日本から来た人たちと話をしたことがあるのですが、しばらく話をした後、彼らは、「ああ、あなたは本当に日本人ではないのですね。」と、もちろん日本語で言いました。私は、「そうですよ。私は日本人ではありません。」と答えました。

注釈:
1. ジョン・マックロイ(1895-1989)は、陸軍次官補として、第二次世界大戦における日系人強制収容の遂行に最も責任ある政府高官の1人だった。彼は、日系人排除のために、ジョン・L・ドゥイット中将によって執筆された、人種差別が根底にある最終報告書の書き換えをした主要人物である。マックロイは、政府による日系人の集団的排除と強制収容を正当化するため、報告書がその軍事的必要性を唱えているかのように書き換えさせた。ドゥイット中将が書いた下書きの全てに破棄命令が下され、下書きの存在は言及されなかった。しかしながら、以後、カール・ベンデトセン大佐の個人ファイルの中にコピーの存在が認められた。マックロイの行為は、コレマツ裁判、ヤスイ裁判、ヒラバヤシ裁判での連邦最高裁の合憲判決を、強く後押しした。

2. カール・ベンデトセン大佐(1907-1989)は、第二次世界大戦中の西海岸在住日系人の集団排除計画を考案した高官の1人である。ジョン・L・ドゥイット中将の首席補佐官として雇われ、ベンデトセン大佐は、陸軍省(当時)と西部防衛司令部の連絡係となった。ベンデトセンは補償運動に反対の立場をとり、激しく批判した。

日付: 1998年6月12日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ダーシー・イキ、ミッチェル・マキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

cultural identity issei

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団