フォート・マクラレンの兵士たち(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)第1800大隊に属していた頃、僕らがどのようにここに行き着いたか等、互いのいきさつを尋ねることはありませんでした。誰がそこに居て、何故そこに居るか知ったのは戦後でした。例えば、フォート・マクラレンやフォート・ライリーといった基地では、多くの日系二世兵士が隔離されていました。 ルーズベルト大統領がフォート・ライリーを訪れた時、二世兵士全員が格納庫に入れられるということがあったそうです。ホリ氏は、当時の様子をスケッチで残していました。僕は、彼のインタビュー記事を読みましたが、証言によると、格納庫の中まで行進する間、外からマシンガンや戦車が見えたそうです。格納庫の中に入ると、武器を身につけた幹部たちは、彼らを端に座らせ、真っ直ぐ前を見て言葉を発しないよう命じたそうです。手洗い休憩に行きたい者のみ手を上げるように、ということでした。

ホリ氏によると、アイダホの農家出身の若い二世たちにとって、それは初めて受ける差別で、彼らはただ涙を流していたそうです。そして、帰米たちは激怒していました。4時間後、ルーズベルト大統領が去った後、日系人兵士たちは元の場所に戻りましたが、皆静まりかえり、ほとんど誰も口をきかなかったそうです。 その後、フォート・マクラレン基地に移動される前ですが、帰米たちは、「俺はどうするか決めた。奴らは俺たちを日本人として扱う。それなら日本人になってやろうじゃないか。こんな国どうにでもなれ。俺はこんな国のためには絶対に戦わない」と宣言しました。その後、彼らはフォート・マクラレン基地へと移動となり、第442連隊戦闘団への入隊のための訓練を受けることになりましたが、大勢が反抗しました。その後の扱いについて、彼らには選択肢がありましたが、強く反対した者は裁判にかけられ、投獄されました。

日付: 2005年3月25日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ソージン・キム
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

1800th 442nd military president roosevelt World War II

ディスカバー・ニッケイ「トークイベント」シリーズに関するアンケート

アンケートに答える >>

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団