両国の架け橋となることを目指して(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)僕は天秤座なのですが、調和を求め、争いを嫌悪し、自分がどうすべきかいつも考えます。前にも言いましたが、僕は、日本は誤解されていると感じていて、僕の使命は架け橋になることだと思っています。日本側に、君たちが完全に正しい訳じゃないよ、と意見することも僕の役割の1つです。 僕は、二世は日本とアメリカの架け橋にならなくてはならない、と一世の人たちに言われたことを今でも覚えています。その言葉は常に僕の心のどこかにあって、日本の立場をアメリカ側に伝えなければ、と思うし、日本側にはアメリカの立場や彼らが何故怒っているのかなど、説明しなければならない、と思うのです。僕の気質なのでしょうか、争いごとは嫌ですね。

日付: 2005年3月25日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ソージン・キム
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

identity multi cultural

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団