Stuff contributed by laurahh

デカセギ・ストーリー

第二十話 「サッカーワールドカップで会いましょう」

Laura Honda-Hasegawa

「Copa do Mundo1」がブラジルで開催されると決まった時、ケントは跳び上がって喜んだ。サッカー好きの少年は、学校から戻るといつも、宿題をするのも忘れて、近くの原っぱでボールを蹴っていた。母親はしかたのないものと受け入れるしかなかった。ケントの父親もサッカー好きで、プロになろうと思っていた頃もあったのだ。

デカセギ・ストーリー

第十九話 (後編)ナカジマがやって来る!

Laura Honda-Hasegawa

前編 >>

デカセギ・ストーリー

第十九話 (前編)ナカジマがやって来る!

Laura Honda-Hasegawa

日系二世のナカジマ少年は日本語学校に行くのが嫌だった。しかし、日系人が多いブラジルのバストスという町には、どこへ行っても、町の中に日本のような雰囲気が漂っていた。八百屋もパン屋も理髪店も、ほとんどの商店は日系人の経営だった。ホテルもそうだった。ナカジマ家は養鶏所を持っていて、次男のナカジマ少年は卵を売るのを手伝っていた。それも嫌だった。日系人の客に日本語で声をかけられるのが苦手だったからだ。

デカセギ・ストーリー

第十八話 「ただいま帰りました!」

Laura Honda-Hasegawa

ヴァンデルが8歳の時、母親が再婚した。相手は同じ銀行で働いていた日系人だった。お陰でヴァンデルの生活は変わった。私立学校に転校し、柔道やパソコン教室にも通えるようになった。家族も増えてにぎやかになった。義父には15歳の息子と10歳の娘がいた。

オハヨウ・ボンディア II

夏に感じる文化の違い

Laura Honda-Hasegawa

今年のブラジルの夏は、70年ぶりの猛暑となり、とても大変でした。街を歩いていると、皆、真っ赤な顔をして、汗をかきながら、動きが鈍くなってへとへとでした。そんな中、昔から暑さが苦手な私ですが、今年は比較的楽に厳しい日々を乗りきることができました。その理由は、私が日本の夏の過ごし方をブラジルで実践したからです。夏になるとブラジルと日本の生活習慣の違いを実感せざるを得ません。

デカセギ・ストーリー

第十七話 三世代のデカセギ物語

Laura Honda-Hasegawa

        バチャン1 ゲンキ?        ニホン イマ スッゴサムイ。        デモ ワタシ ダイジョウブ。ゲンキ ゲンキ。

デカセギ・ストーリー

第十六話 サンパウロ発 18:59

Laura Honda-Hasegawa

グアルーリョス空港は大きな荷物を持った人で混雑している。今は、バカンスシーズンの真っ最中で、ブラジル人はますます海外旅行をするようになっている。

オハヨウ・ボンディア II

「オメデトウゴザイマス」は、ポルトガル語になったの?

Laura Honda-Hasegawa

1月第1週の日曜日の朝、教会へ行く途中、ジョアキン君に出会いました。ジョアキン君とは、かわいいビーグルのワンちゃんのことで、初めて会ったのは3年前でした。

デカセギ・ストーリー

第十五話(後編)『あまちゃん』にありがとう!

Laura Honda-Hasegawa

ユカは、日本で生まれ育ち、15歳の時、両親とブラジルに戻った。

Happy New Year! Reminiscing about Oshogatsu with Mochi

Laura Honda-Hasegawa

“On Christmas Day, we’ll have Brazilian dishes, and on Oshogatsu1 we’ll have the Japanese New Year’s traditional foods. We Nikkei can enjoy twice as many banquets. We’re truly blessed!”

Login or Register to join our Nima-kai

About

I enjoy spending time at bookshops, taking nice walks, trying new recipes, and travelling to many different places in my free time.
The most significant experience in my life was when I lived in Japan, 40 years ago.
本屋に立ち寄ったり、散歩をしたり、新しい料理を作ってみたり、時間がある時、いろいろな所へ行くのが大好きです。
わたしの人生のなかで一番貴重な体験は、40年前、日本で生活したことです。
Eu amo passar o tempo em livrarias, fazer passeios maravilhosos, experimentar novas receitas e viajar para diversos lugares em meu tempo livre.
A experiência mais significante de toda a minha vida foi viver no Japão, 40 anos atrás.

Nikkei interests

  • community history
  • family stories
  • festival/matsuri
  • Japanese/Nikkei food
  • Japantowns
  • taiko
  • movies

Nikkei Heroes: Trailblazers, Role Models, and Inspirations

Read the Nikkei Heroes >>

Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum

Major support by The Nippon Foundation