南米の日系人、日本のラティーノ日系人

日本在住日系アルゼンチン人のアルベルト松本氏によるコラム。日本に住む日系人の教育問題、労働状況、習慣、日本語問題。アイテンディティなど、様々な議題について分析、議論。

war en ja es

Nikkei and War: 30 Years After My Participation in the Malvinas War

Migration from Japan officially began more than 150 years ago, starting with Japanese arriving in Hawaii, the United States, and Canada, and later Peru and Brazil just over 100 years ago. During that time, Japan has faced several wars, notably with China (1894-95), Russia (1904-05), and several Asian countries as a result of the imperial occupation that began in the 1920s. And finally, World War II, a grueling conflict with the United States. Each of these events brought a great deal of uncertainty and misery to Japanese migrants.

In the late 1930s, there were about 300,000 Japanese and Nikkei ...

Read more

community en ja es pt

Carlos Kasuga: An Example of Nikkei Leadership in the Americas

Any Nikkei leader in the Americas either personally knows or has heard of Carlos Kasuga because of his achievements as a businessman in Mexico, or because of his role in the Nikkei Panamerican Association. Not many are familiar, however, with the story of his migration from Japan to Mexico. According to the Encyclopedia of Nikkei of the American Continent Americano1, it all began with Enomoto’s efforts to establish a settler colony in Chiapas in 1897. Enomoto was quite the celebrity, having served as Minister of Foreign Relations in the Meiji government, although he had initially fought against the ...

Read more

community ja es

ボリビアのサンタクルスにある日本人移住地の新たな挑戦

今年(2017年)の5月に、JICA日系社会ボランティアの在外研修の講師としてボリビアのサンタクルスに出張した。この研修は、日本から中南米諸国に派遣されている「日系社会青年・シニアボランティア」を対象にしたものである。研修の一環として、サンタクルス市から138キロ、車で2時間半の距離にあるサンファン移住地と、そこから100キロ南東部にあるオキナワ移住地を訪問し、移住地にある施設の一部を見学させてもらい、各グループに分かれて関係者と懇談する機会を持った。

私のサンタクルス市への訪問は、今回が二度目である。昔馴染みの仲間やJICA横浜国際センターで知り合った多数の元日系研修生たちと再会し、農協関係者や若手の農業経営者から話を聞くことができた。おかげで、今後の移住地の役割と期待、不安と挑戦について、垣間見ることができた。

これらの移住地は戦後移住者によるものであるが、ボリビアの日本人移住史は戦前にさかのぼる ...

Read more

community ja es

JICAの日系社会ボランティアの奮闘と役割〜ボリビアでの在外研修に参加して

日本国は、ODA(政府開発援助)の一環として途上国や新興国等に多くの協力隊員やボランティアを派遣している。もっともよく知られているのが、JICA(国際協力機構)が派遣している「青年海外協力隊」である。バラエティー番組でも、途上国のことになると現役か元協力隊員の活動がよく紹介される。中南米の日系社会にもJICA独自の支援プログラムがあり、青年とシニアのボランティア制度が存在する1。基本的に2年間の任期で、ボランティアといっても、きちんとした派遣前訓練や諸手当も支給され、任国での活動ができるだけスムーズにできるよう様々なサポートが準備されている。

JICAの統計をみる限り、2017年4月末現在、協力隊員だけでも1,855名が69カ国で頑張っている(女性1,062名 ...

Read more

community ja es

中南米と日本の日系人との連携強化策とは

2012年末の第二次安倍内閣発足以来、総理は南米諸国を訪問するたびに積極的に地元日系社会の指導者や関係者と懇談している。これに並行して日本大使館やJICA事務所も日系人とそれまで以上に交流するようになり、今後の協力関係の強化を模索するようになった。世代交代が進んでいる中南米日系社会では、3世や4世が主体的な役割を果たしていることが多く、従来の日本人移住者対策では限りがあるからである1。2013年には外務省による日系次世代指導者招聘事業が再開され2、日本の官僚や政治家も中南米日系社会の実情や新たなニーズだけではなく、これまでより踏み込んだ連携の可能性を認識するようになった。

現在、日本の産業は、製造業はもちろんのこと農業やサービス部門においても、これまで以上に海外進出を意識して開拓していかねばならない状況に追い込まれつつある。近年のこうした危機意識が政財界の有力者に中南米の日系人に注目するきっかけを与えたかどうかは定かではないが、中小企業の進出や文化事業の展開に、日系人をもっと有効に活用しようとする動きがみられるようになった。

日系人との協力関係強化へ期待が高まるなか、今年(2017年)の5月9日、外務省内に設置された「中南米日系社会との連携に関する有識者会議 ...

Read more