The Nikkei of Latin America and Latino Nikkei

Lic. Alberto Matsumoto examines the many different aspects of the Nikkei in Japan, from migration politics regarding the labor market for immigrants to acculturation with Japanese language and customs by way of primary and higher education.  He analyzes the internal experiences of Latino Nikkei in their country of origin, including their identity and personal, cultural, and social coexistence in the changing context of globalization.

war en ja es

Nikkei and War: 30 Years After My Participation in the Malvinas War

Migration from Japan officially began more than 150 years ago, starting with Japanese arriving in Hawaii, the United States, and Canada, and later Peru and Brazil just over 100 years ago. During that time, Japan has faced several wars, notably with China (1894-95), Russia (1904-05), and several Asian countries as a result of the imperial occupation that began in the 1920s. And finally, World War II, a grueling conflict with the United States. Each of these events brought a great deal of uncertainty and misery to Japanese migrants.

In the late 1930s, there were about 300,000 Japanese and Nikkei ...

Read more

community en ja es pt

Carlos Kasuga: An Example of Nikkei Leadership in the Americas

Any Nikkei leader in the Americas either personally knows or has heard of Carlos Kasuga because of his achievements as a businessman in Mexico, or because of his role in the Nikkei Panamerican Association. Not many are familiar, however, with the story of his migration from Japan to Mexico. According to the Encyclopedia of Nikkei of the American Continent Americano1, it all began with Enomoto’s efforts to establish a settler colony in Chiapas in 1897. Enomoto was quite the celebrity, having served as Minister of Foreign Relations in the Meiji government, although he had initially fought against the ...

Read more

education ja es

大学で出会った日系子弟

南米からの「日系デカセギ労働者」は1980年代後半から来日し始め、1990年の入管法改正以降大量に入国するようになった。当初は単身でくることが多かった日系人たちも、次第に日本長期滞在を考えるようになり、家族を呼び寄せたり、日本で家庭を築くようになった。そのため、日本の学校に通う子弟も増え、2005年頃から外国人支援窓口では高校進学の相談が増えている。 

同じ頃、日系人、主にブラジル国籍の子供たち(小学校と中学校)の未就学問題が話題になった。未就学児童増加の背景として、憲法26条1が定めている義務教育の権利と義務規定が外国人には適用しないことがあげられるが、外国人が集住している自治体や民間団体は積極的に彼らの就学をサポートしている。例えば、教育委員会は通訳員や教員をサポートするスタッフを派遣したり、父兄とのコミュニケーションを少しでもスムーズにするため、よく使用される資料 ...

Read more

community ja es

ペルー日系人協会100周年記念と第19回COPANIリマ

2017年11月2日から5日にかけ、南米ペルーのリマで第19回「パンアメリカン日系人大会 (COPANI - Convención Panamericana Nikkei)」が開催され1、同時にペルー日系人協会(APJ – Asociación Peruano Japonesa)の100周年記念式典が行われた2

今回のCOPANIでは、「未来を構築して」をテーマに様々なプログラムが組まれていた。エコノミストのルイス馬場中尾氏による今の世界の経済動向についての基調講演を始めとする数々の講演、さらには日系アイデンティティーと移民、日本文化と日本語、日系人の教育による功績 ...

Read more

community ja es

日本の日系ラティーノは老後の準備をしているのか?

日本への「デカセギ現象」が始まってからすでに30年は経っており、今では多くの南米日系人が日本に定住している。高齢者の割合も徐々に増えており、日本永住を決意した世帯が本国から年老いた親を呼び寄せるケースも増えているという。日本の日系ラティーノは、「老後の準備」はできているだろうか。

南米の日系社会には、有力者の寄付や多くのボランティア、日本からの支援を活用した独自の高齢者サポートや福祉サービスが存在する。国によってその形態は異なっているが、それぞれのコミュニティが工夫を重ねて対応しているが現状である。

例えば、ブラジルの日系社会では、各地の日系コミュニティにある「Kaikan(会館)」や福祉施設などが、それぞれ高齢者を対象にしたサービスを提供している。役員を含め多くのボランティアが、高齢者用の様々な行事を企画し、施設の維持費や修理費を賄っている。しかし ...

Read more