オハヨウ・ボンディア II

小さいころ、わたしは日本語とポルトガル語を混ぜて話していました。小学校に入ると、自然に日本語とポルトガル語を区別するようになり、ポルトガル語で文書を書くのが楽しみになりました。60年後の今は、ポルトガル語と日本語の両方で書くのが一番の楽しみとなっています。このシリーズを通して、いろいろなテーマの話をお届けできればと思います。朝のさわやかな挨拶のように、皆さんに届きますように。

オハヨウ・ボンディア(シリーズ1)を読む>>

identity ja pt

わたしも欲しい、日本の生地!

9月21日、ディスカバー・ニッケイに掲載されたミア・ナカジ・モニエさんのストーリーを読んで、とても感動しました。ミアさんが日本の生地専門店をみつけ、お母様と一緒にそこのソーイング教室に通い、ふたりでいろいろな物を作っていると読んだとたん、私と母の人生が重なりました。「あぁ、私たちにもこのような時があったわ」と、懐かしく振り返りました。

母はサンパウロ州の農家に生まれ育ちました。貧しい生活にも拘わらず、子供の頃からいろいろなアイディアを実行し、毎日を楽しんでいました。例えば、古着をほどいてエプロンや帽子や小物入れを作ったり、トウモロコシの皮で弟たちのぞうりを編んだりしていました。私と違い子供の頃からとても器用だった母は、不器用な私に洋裁を教える気はなかったようです ...

続きを読む

community ja pt

「JAPA」の意味を探りながら

言葉は生きていると思います。人の考え方や生き方が変わると、言葉も変わっていくと思います。

約60年前、わたしが子どもの頃、サンパウロ市に住んでいる日系人はごく少数だったので、「日本人」は、いろいろな意味で目立っていました。

当時、ほとんどのブラジル人が、日系人に対して、「ポルトガル語が分からない」「食べ物が違う」「習慣が変だ」などの独特のイメージを持っていたことを今でもよく覚えています。

わたしは、小さい頃から「言葉」に興味を持ち、その使い方にこだわっていました。

同年代の日系人が耳にたこができるほど何度も耳にした言葉は「Japonês garantido ...

続きを読む

identity ja pt

夏に感じる文化の違い

今年のブラジルの夏は、70年ぶりの猛暑となり、とても大変でした。街を歩いていると、皆、真っ赤な顔をして、汗をかきながら、動きが鈍くなってへとへとでした。そんな中、昔から暑さが苦手な私ですが、今年は比較的楽に厳しい日々を乗りきることができました。その理由は、私が日本の夏の過ごし方をブラジルで実践したからです。夏になるとブラジルと日本の生活習慣の違いを実感せざるを得ません。

42年前に私は日本に留学しました。一人娘を旅に出した両親は「日本の冬の寒さ」を心配していましたが、私はなんとか無事に寒い冬を越すことができました。そして、初めての日本の夏がやって来ました。今振り返ってみると、あの夏は今でも印象深く心に残っており、大切なことをたくさん学んだ季節でもありました。

当時 ...

続きを読む

community ja pt

「オメデトウゴザイマス」は、ポルトガル語になったの?

1月第1週の日曜日の朝、教会へ行く途中、ジョアキン君に出会いました。ジョアキン君とは、かわいいビーグルのワンちゃんのことで、初めて会ったのは3年前でした。

「Feliz Ano-Novo!」と、わたしが新年の挨拶をすると、飼い主さんは「オメデトウ」と、丁寧におじぎまでしてくれました。わたしは、とても驚きました。普通ブラジル人は頭を下げて挨拶する習慣はありませんし、「オメデトウ」は「アリガトウ」や「サヨウナラ」程、知られていないと思っていたからです。

そして ...

続きを読む

identity pt

No Brasil sempre fui “a japonesa”, mas em Portugal virei “a brasileira”!

Outro dia li “Astro”, escrito por Hudson Okada e publicado neste site e, na mesma hora, lembrei um fato ocorrido comigo anos atrás.

Nasci na Capital de São Paulo, filha de pai japonês e mãe nikkei filha de imigrantes japoneses. Portanto, minhas feições são de uma japonesa, tanto que quando estou no Japão, enquanto não abro a boca, todos pensam que sou japonesa nata. Sim, porque o nikkei (pelo menos nós brasileiros) sempre acaba se traindo pela pronúncia um tanto peculiar ao falar japonês.

Durante minha infância e ...

続きを読む