エドワード・モレノ

(Edward Moreno)

現在91歳のエド・モレノ氏は、テレビ、新聞や雑誌などの報道関係でおよそ70年のキャリアを積み、作家、編集者、翻訳者として数々の賞を受賞してきました。彼が日本文化に傾倒するようになったのは1951年で、その熱は一向に冷める気配を見せません。現在モレノ氏は、カリフォルニア、ウェストコビナ地区のイースト・サン・ガブリエル・バレー日系コミュニティセンター(East San Gabriel Valley Japanese Community Center)の月刊誌「Newsette」で、日本や日系文化、歴史についてのコラムを連載しています。モレノ氏による記事のいくつかは、東京発の雑誌、「The East」にも掲載されています。

(2012年3月 更新)

food en ja es pt

ロサンゼルスの寿司-その2

>>その1

ナカジマ氏が新しく始めた寿司屋は、日本人の移民、特にビジネスマンにを対象にしていました。食事の内容に満足したビジネスマンは、アメリカ人の顧客を連れ、新しくかつ斬新な食事を彼らに紹介するようになりました。初めて寿司を食した人々の多くが、寿司の虜になっていきました。7席しかない「川福」のスシ・バーは、常に満席でした。

「川福」の板前、斉藤さんは、アメリカ最初の寿司職人でした。斉藤さんの奥さんがウェイトレスとしてお客さんへの応対を行いました。斉藤夫妻は、当時としては大金である3万ドルをたったの4年間で貯蓄し、日本へ帰国することを決めました。そして、その資金を元に、素敵な寿司屋を銀座にオープンしました ...

続きを読む

food en ja es pt

ロサンゼルスの寿司-その1

私は、毎週行われているメリノール宣教会の会合で、寿司がいつ、どのようにしてロサンゼルスへ渡ったか、友人に尋ねたことがありました。コウ・ホシザキ氏は、その質問に答えられるのは、ロサンゼルス・ビジネス街に拠点を置く、共同貿易株式会社(以下MTC)の代表取締役社長である金井紀年(カナイ・ノリトシ)氏であろうと教えてくれました。ホシザキ氏によると、金井社長はそのことについて書いた本を出版しているというのです。1

それを聞いた私は、即座に金井さんを紹介してくれるよう彼に頼み、彼も私の要望にすぐに応えてくれました。こうして私は、この伝説的とも呼べる人物と会うことができたのです。長身で印象的な雰囲気の金井さんは ...

続きを読む

culture en

Orchid From The North - Part 5

Read Part 4 >>

Again, we stray a bit from Yoshiko’s personal story to review the situation between China and Japan at the close of the Pacific War. Why? On the 75th anniversary of what President Roosevelt called “a date which will live in infamy” (December 7, 1941), many Western media outlets revisited the “safe versions” of World War II history—those that portray the Allies (China and Russia included) as icons of righteousness and Japan as a most ignoble country. Yoshiko had already become a significant artistic figure in that period, so we cannot talk about her and ignore ...

続きを読む

culture en

Orchid From The North - Part 4

Read Part 3 >>

China, for centuries adopted by Japanese poets and philosophers as their cultural beacon, had become a poor, filthy, confused, and opium-ridden mess, after years of autocratic government. After the death of the Empress Dowager Cixi (1835–1908), little seemed left to unite the nation.1 Internally, ambitious and brutal warlords arose everywhere, each one aiming to become “top dog.” Externally, every swashbuckler country seemed intent on devouring the immense country, whether piecemeal through concessions2 or in a single gulp by colonization. By 1920, every colonialist country had its own extraterritorial heelin China.3 

To prevent their ...

続きを読む

culture en

Orchid from the North - Part 3

Read Part 2 >>

In each of the previous chapters, we have seen young Yoshiko get a few tastes of the real political world around her: the killing of a Chinese bandit, witnessed from her window; the massacre of an entire town to avenge the burning of a coal mine; and the local police’s wrecking of her best friend Liuba’s home.

Consider for a moment the forces tugging from all directions at the girl’s psyche: her father’s demand that she become a solid bridge of understanding between the Chinese and the Japanese; masquerading as Chinese and being ...

続きを読む